仕事と育児で忙しいけど少ない手間と費用でちょいお金増やしたいYO(/・ω・)/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と育児で忙しいけど少ない手間と費用でちょいお金増やしたいYO(/・ω・)/

30代子持ちOLが、年金運用にも使われているインデックス投資を使って手間なく低コストで貯金をコツコツ運用していくよ( `ー´)ノ

海外就職の良かったこと悪かったこと(前編)

シンガポール移住

f:id:Kumako_investment:20170321014848j:plain

今回は投資ネタお休みします

投資の勉強時間があまり取れず疑問が解消しきれなかったので、今週は投資の記事はお休みして、プライベートネタを書いてみようかと('ω')ノ

インデックス投資ブロガーさんのプライベートネタ記事といえば、大好きな虫とり小僧さんの武勇伝シリーズと

mushitori.blog.fc2.com

kenzさんのヒャッハーシリーズ(?)

longinv.blog103.fc2.com

が有名だと思いますが、自分はこちらのお二人ほど文才もユーモアセンスも気合も足りないので、経験者の少なそうなマイナーな出来事の経験談を書いてみようかなと思います!

海外移住、海外出産、資格浪人、ネット恋愛etc...いくつか思い浮かぶ候補はあるのですが、ツイッターのアンケートで票が多かった海外移住ネタを今日はいきますね( `ー´)ノ

勢いで日本脱出

もう少し若くて仕事がとても忙しくて心身ともに病みかけてた時、ツイッターで脱社畜を掲げる人たちをフォローする様になったくまこ。

その中で伝説的な人として話題になっていたのが、海外の労働環境を伝えることで日本の労働環境の異常さをネットで発信していた海外ニートさんという方のブログ。

ニート&パチプロ(職歴なし男28歳)から海外留学、海外就職、シンガポールにて日系から外資系に転職。そんなキャリアを歩んできた人が書いていたブログが嘗てあった。その名も「ニートの海外就職日記」。実際に海外の会社で働いた経験から、日本の労働環境が如何に歪んでいるのかを鋭い切り口で語っていた、大変面白いブログであった。残念ながら、現在ブログは閉鎖されている。海外ニートさんの「仕事なんてクソだろ?job is shit!」という言葉を忘れないでいたい 就活生に甘える社会人

当時の職場でのキツイ状況と、日本の将来をダメ出しする情報ばかりに触れていたくまこは、もう日本でこのまま働いていても未来はない!と思いこみ、海外就職の道へ。

(思い込みって恐ろしい。。。)

移住先の国選び

くまこの場合は消去法でシンガポールになりました。

理由:英語圏、日本人が差別されない、治安がいい、お給料が日本並み(GDP高い)

労働環境がマシなところに行きたいというのが理由の海外移住なだけに、あんまり夢のない決め方…。

損得勘定でなく、もう少しその国の文化や歴史や国民とか、その国に思い入れがある人であれば海外移住も成功するんだろうなぁ(お察しの通り、くまこは海外移住のデメリットがメリットを上回ったので数年後に帰国しました。詳しくは後ほど)。

意外と英語力のハードルが低いシンガポール就職

昔より就労ビザの条件が厳しくなってると言われているものの、日系企業も沢山進出していて、アジア地域の統括拠点を置いている外資系企業も結構多いので、シンガポールでの日本語スピーカーのニーズは結構あります。

日系企業だと面接も日本語オンリーだったり(*´з`)

パソナとか、日系就職斡旋企業も沢山あるので日本語でお仕事探しができたり、日本人コミュニティの掲示板で気軽に日本語でお仕事が探せたりもします。

参考リンク

お役立ちオシゴトサーチ〜シンガポールの日本人向け求人〜

海外就職: シンガポール職種別給与相場 ~現地採用のケース~ - 今日もシンガポールまみれ ※この方は辛口なので、もっと緩いケースもあることはある。ただ、大半の海外就職を煽る記事と比べるととても良心的。

シンガポール公用語の一つが英語ではあるけど、発音とか文法にこだわらず話す人が多いので、ネィティブばりの流暢な英語でなくても全然OK。

日本人コミュニティの集まりにいた方で、日本の大手メーカーを早期退職してシンガポール日系企業に転職した方がいたけど(40代独身)、日本人上司と同僚のチームで働いてるからほぼ日本語で仕事完結してると言ってた。

(※日本の労働環境が嫌で移住する人は日系企業選びは慎重に。。日本より酷いケースもあり。。)

ちなみにくまこの場合、就職活動は観光ビザ(1か月)で、ゲストハウスに滞在しながらしました。ホテルは1泊1万円以上がデフォなので…

普通のゲストハウスはシャワーも寝床も男女区別無しのとこが多くてデンジャラスな印象なので、そこを気を付けて選べば女性でも快適に過ごせましたよ~

一人で海外旅行してる色んな国の人とかに知り会えて結構面白かった(*´ω`)

retrip.jp

求人は急募が多いので、 面接の日程もすぐ決まり、面接後わりとすぐ内定が出て、すぐ入社という感じ。

現地でのエージェント登録から面接、内定が出るまで滞在1か月もいらない印象。

もちろん好条件を探し出すともう少しかかるけれど。

日本からもネットで探せるし、スカイプとか電話で面接対応してくれるところもあるから、就職用に滞在する期間は結構短くてもいけそうな印象。

まぁ、家探しとかやることも色々あるのですが。。

シンガポールで暮らしてみてよかったこと

ようやく本題。

既に結構長くなってしまったので箇条書きで。

  1. とにかく仕事が楽
  2. 景気がいいし、転職も楽
  3. 1年中真夏なので人が陽気
  4. 弱者に優しい社会の雰囲気が居心地いい(妊婦や子供やお年寄りに席譲る、ベビーカーを階段で見かけたらかついでくれるetc.)
  5. 中華が安くて美味しい

 ※すべてくまこの主観です

すみません、、仕事はほんとに楽でストレスもなくお給料も満足していたのですが、それ以外の暮らし面で苦労した場面が多くて、今はアンチ海外就職派になってしまっていて、パッと思いつく良かったことが5個だけでした。。

もし東南アジアが好きな人なら旅行もしやすいからそれも大きなメリットになりそう。

次回へ続きます。。

思ったより長くなってしまったので、今日はこの辺ですみません。。

次回、シンガポール暮らしで感じたデメリット、日本の底力に気付いたお話等を書けたらと思います(*^。^*)

今の株価は高い?(求む相場感!)

マーケット

f:id:Kumako_investment:20170309225020p:plain

前置き:株価は気にしなくていいのが大前提

インデックスで長期投資をするというのは、「長期的には株式市場は成長する(=株価は右肩上がり)」ことを前提にしているので、今の株価が高いのか低いかなんて気にせず投資を淡々と続けることが正解だということを、色んなブログや本や雑誌で読んだくまこ。

水瀬さんの過去記事で紹介されていた下のグラフを見ても、色んな金融危機や戦争を乗り越えて、株価は過去200年間で100万倍になってる模様。

f:id:Kumako_investment:20170309193704p:plain

上記は、私の大好きなグラフです。200年前に投資した1ドルが、200年後にいくらになっているかを示しています。しかも、名目リターンからインフレ率を引いた「実質トータルリターン」です。

しかも、この200年の間には、最悪の世界戦争(第一次世界大戦第二次世界大戦)や、史上最大規模の世界的株価大暴落であるブラックマンデーなどが起こっています。いま取り沙汰されている日銀の政策がどうのこうのという問題とは比べものにならない大嵐を乗り越えて、この結果です。
一方で、キャッシュ(米ドル)は、200年間で10分の1以下に減ってしまいました。主にインフレのせいですが、株式のリスクを恐れるあまり、キャッシュを長期で貯めこんでいるとどうなるのか、考えさせられます。

randomwalker.blog19.fc2.com

randomwalker.blog19.fc2.com

とはいえ先輩方は相場観を持ってる模様

「相場を気にせず淡々と余剰資金で買い続ける」ことの大事さを先輩方はみなさん主張されているけど、だからといって皆さん今の相場が高いか安いか知らないという訳ではないんだよね。そこがくまこと先輩方の違い。

山崎さんも「まだ株もってないなら気にせず買うべき、持ってる人は急いで買わなくて良い」と雑誌で発言しているし、Twitter見てても今の株価が高めと感じてる方は多い印象。

くまこがインデックス投資をしようと思った理由は、少ない手間で「ちょこっと」お金増やしたい(定期預金の金利よりちょこっと多いイメージ)からなんだけど、そうは言いつつもちょっと欲深いので、相場下落した時は普段より大めに買っちゃおうかな~、と初心者の癖に無謀なたくらみを捨てきれずにいたりする(←無茶)。

という訳で、前置きが長くなったけど相場観が欲しい!ということで調べてみたー

日本株の株価推移(日経平均

TOPIXの長期データが見つからなかったので日経平均で。

①過去130年間の推移

【感想】さすがに長期すぎて日本が新興国の時だから参考にならないかなー

f:id:Kumako_investment:20170309202826g:plain

※元記事:130年間の超長期株価チャートから分かること | The Capital Tribune Japan

日経平均株価を基準に、日経平均株価が存在していなかった戦前期について複数の株価指数を組み合わせて連続性を持たせて対数表記したものとのこと

②過去45年間の推移

【感想】1970年代以降の方が時代も近いし参考になりそう。でもこれだと最近よく言われてる今の株価が高めって結論にならなさそうだから、もう少し短めでみてみよう。

f:id:Kumako_investment:20170309202840p:plain

元記事:国内株価指数の超長期100年チャート 日本国の株価はどのように推移してきたか? | 経済&マネー

③過去26年間の推移

【感想】どうやらみなさんが仰ってるのはこのスパンでの感覚かな?!2015年に2万円超えたのは15年振りだったのね。ITバブル期のピークが2万833円だったっていうのは一つの目安として持っててよさそう。f:id:Kumako_investment:20170309205329p:plain

 日経平均株価は4月22日、15年ぶりに終値で2万円を回復。6月24日には2万868円をつけ、ITバブル期のピークだった2000年4月の高値(2万833円)も超えた。ギリシャ危機や、急上昇の反動が出始めた中国・上海株安といった試練を越え、日本株はさらなる上値を追うことができるか。1996年高値(2万2666円)や91年高値(2万7146円)が次の節目になる。

元記事:日本株、一段高へ試練 データで探る次の節目(2015年6月30日の記事)

ちなみにこの後2015年8月に2万724円までは上がったみたい。

f:id:Kumako_investment:20170309232053p:plain

 まとめ

日経平均史上最高値は38,957.44円(1989年12月29日)で平成バブルの時

・2000年以降の高値は2万円ちょい(ITバブル、アベノミクス

・今日の日経平均は19,318.58円(2017年3月9日)で、ここ20年位の相場の天井の2万円に近い⇒だから今は天井ではと警戒してる方が多い模様

・勿論これから2万円をどんどん超えるシナリオもありえる。脱デフレ目指してるしね!相場動向はあまり気にせず淡々と買ってこうというのがお決まりの結論。

 

今日は力尽きたのでこの辺で。。(;'∀')

続きは次回以降、世界の株価をちぇっくー(デキタライイナ)

オフ会初参加の巻

オフ会

f:id:Kumako_investment:20170305171244p:plain

憧れのムサコ会に参加

ムサコ会とは、女性インデックス投資家から絶大な支持を集め、年に1度の大人気イベントのインデックス投資ナイトでも座談会に登壇されたおぱるさんが主催されているオフ会であり、しかも投資初心者が投資の先輩に素朴な疑問をぶつけられる場として開催して下さっているという初心者にはとてもありがたいオフ会であります。

「ムサコ会」への参加希望はtwitterでお声がけください - インデックス投資女子 Around40 Happy Life

そんなステキ女子のおぱるさんが開催されているオフ会なので、オフ会初参加のくまこも安心して参加希望を出せたのですが、いざ参加してみたら、なんということでしょう! みなさん想像以上にレディーーーース エン ジェントルマーーーン ! ! (*´Д`)会場は知的で上品で穏やかな雰囲気に包まれていました....

投資家のイメージを覆す?

投資の集まりというと、意識高い系だったり(本日は貴重なお話ありがとうございました。○○大学の△△と申しますが、3点質問させて下さい、的な)、ガツガツしてたり(ワイはこの××投資で〇千万まで資産増やしたぞー、アンタは幾ら儲けたんや?的な)、エキセントリックだったり(○○投資は情弱がするやつ!この××投資はこれだけ優れてて~的な)、やたら好戦的だったり(その主張の根拠は?ソースは?的な)のイメージがある様に思うのですが(?)、全くそんな要素は皆無でした。

インデックス投資家だからなのか、ムサコ会だからなのか、その判別はつかないのですが、そういう訳で、初心者のしょうもない疑問にも皆さん快く答えて下さり、投資以外の雑談もあったりで、とても和気あいあいと終始なごやかな雰囲気で過ごさせてもらいました(*‘ω‘ *)ホッ

参加者のみなさん

そんな素敵なムサコ会の今回の参加者のみなさま。ブログを何度も読ませてもらってずっと勉強させてもらっていた方やTwitterで楽しいつぶやきをいつも見させてもらっていた方々だったので感激(*'▽')

(五十音順)

・おぱるさん:インデックス投資女子 Around40 Happy Life

・kenz さん:インデックス投資日記@川崎

・samansaさん:毎日が美味しい

・tacaciさん : tacaciの投資ブログ

・吊ら男さん:吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

・鳩さん:鳩ノート

・Hiroさん:Hiro_san (@Hiro_Miyagi) | Twitter

・森村ヒロさん:ひと手間くわえた積立投資で資産形成 - インデックスファンドのバイアンドホールドを徹底して資産形成をめざします 

・ゆうきさん:ホンネの資産運用セミナー(インデックス投資ブログ)

 特にkenzさんにはお隣に座らせて頂いた関係で、色々な投資に関する質問を沢山させて頂いたのですが、すべて瞬殺というか即答で膨大な情報と共に回答して下さり、その膨大な知識量にただただ圧倒され、高速頷きマシーンもとい赤べこと化したくまこでした。みなさん頭の回転が速くて、会話の密度が濃かった・・・

f:id:Kumako_investment:20170305163956j:plain

 当日の話題について

力尽きてきたのと、長くなりそうなので箇条書きにてすみません(;'∀')

・買い方は人それぞれで、毎月or年間一定額購入、上限なく相場下落時に余剰資金で購入等。買い続けることが大事。長い目で見たら誤差レベルになる。

・最初は自動積立で購入するのが良い。慣れてきたら手動で買い付け。ただタイミング投資は難しいし、インデックス投資はだんだん飽きてきてほったらかしになりがちだから、手動積立だと忘れやすいので注意。

新興国投資のコストは分散投資のコスト。高いと考えて投資しないのも一つの考え。
吊ら男さんがインドを新興国クラスで追加投資している理由、浮動株の存在。

・先のことは分からないからできるだけ分散投資。儲かりそうな方法が気になったらGPIFの投資対象を見て頭を冷やす。

・世界に分散投資=世界の通貨に分散投資。ただ外貨の比率が高まるので為替リスクが高まる。預金や国債等の無リスク資産との比率で為替リスクはコントロール

・国内株以外はインデックスファンドの方が国内ETFより低コスト

ETF指値で注文なので買えない場合もあって面倒

・海外ETFの低コストさと煩雑さ

・日本の投信は分配金再投資されるのが有利(海外は違う)

・分配金が出ることの非効率さ(税金が引かれるので)。分配型は税金取られるから老後もお勧めでない。老後の取り崩しはSBIの定額取り崩しすればOK

・高配当銘柄や優待銘柄はその分株価が割高の可能性があることに注意

・NISAの取り扱いは人それぞれ(世界のみorバランスファンドor他と同じ資産配分)
・更に低いコストの投信が出たら、積立対象をそちらにして古い投信はホールド⇒損益0~2%位に下落した時に切替るのが税金上お得◎

確定拠出年金やってたらイデコできない。確定拠出年金の取り扱い商品が必ずしも他よりも有利な訳ではない。

・職場のDC担当者に訴え続ければ有利な投信商品が追加されるかも!
確定拠出年金、来年から毎月拠出じゃなくなる。便利なのかは謎。

・世界の時価総額が増えないならインデックスだけじゃなくて何やってもダメ。インデックスがダメな訳じゃない

ギリシャの火はすごい

他にもバングラデシュ?の電車の話や、証券会社の前でおじさんがうなだれている写真の映像が流れ始めたら株価は上がる?下がる?(忘れてしまった・・・)等、楽しい話が盛り沢山でした。

開催して下さったおぱるさん、参加者のみなさま、素敵な時間をありがとうございました!

2月Tweetから抜粋(くまこ分)

つぶやき

完全に自分用の記事ですが、Twitterで調べたりメモしたことって流れていってしまって後で見返すのに苦労したので1か月単位でまとめて貼り付けときますー

 

この投資方法でどのくらい儲かる?損する?

資産配分 投資についての考え方

f:id:Kumako_investment:20170222153643p:plain

投資するからには儲けたいYO!

前回の記事でくまこの資産配分は世界市場ポートフォリオ日本株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2)(世界各国の株式時価総額と同じ比率)と決めました。

で、この資産配分、いったいいくら儲かるんだい(^ω^)?

一つずつ確認してくよー

期待リターンを調べる

my INDEXさんの資産配分ツールで自分の資産配分を入れると…

f:id:Kumako_investment:20170225144108p:plain

直近20年のデータをもとに計算すると、くまこの資産配分の期待リターンは6.1%とのこと。うん、定期預金どころじゃない。十分な利回り(; ・`д・´)

ちなみにこの"期待"リターンは平均してこのくらいという数値だから、これ以上の時もあればこれ以下の時もあるということなので、平均で6.1%。

※厳密にはここから信託報酬(0.2%くらい?)やら税金(0.2%くらい?)やらが引かれるからちょっと下がるよ

※この資産配分は株のみに投資してるのでリスクが高めです。投資に回す金額のうち、全額を株に投資するんじゃなくて、債券も持つことでリスクが減らせます。具体的にはこの記事の最後に。

もしこの20年間投資してたらいくらになった?

6%と割合で言われてもピンとこないので、20年前にこの方法で投資してた場合、今の金額はいくらになってたかを見てみると…

f:id:Kumako_investment:20170225163717p:plain

上のグラフの右端の列で"ポートフォリオ"とあるのが、くまこの試算配分の場合。

もし20年前にこの方法で投資してたら100万円が324万円になってたと…イイネ!(・ω・)b

最悪のケースを想定:もしもリーマンショックの時に投資していたら損はどれ位だった?

念のため悪かった場合もみておく。100年に1度と呼ばれたあの2008年の金融危機リーマンショックの時にこの資産配分で投資していたらいくらまで値下がりしたのか?

f:id:Kumako_investment:20170225161600p:plain

f:id:Kumako_investment:20170225161627p:plain

リターン△50.5%半分になっちゃってるね(;'∀')

この先の老後までの数十年でこの規模の暴落が起きるかどうかは地震と同じで誰にも分からないけど、このくらいの下落の覚悟はしときたい。

*memo:こんな大暴落の時も国内債券だけはプラスだったってことは頼もしい限り。

ちゃんと個人向け国債か円貨建てMRFか国内債券インデックスファンドかはまだ決めてないけど、日本債券クラスも投資しておきたいと思わせてくれるグラフ(*´з`)

 

ちなみに、9年たった今となってはもう相場は戻ってるね(・ω<) ☆

f:id:Kumako_investment:20170225150618p:plain

相場の下落の時も落ち着いて保有しておけば、長い目で見ればプラスになることを肝に銘じておけば慌てずにすむかも?

 月1万円積み立てて30年間運用したらいくらになる?

最後に、仮に1万円を毎月積み立てて30年間運用したらいくらになるかをファンドの海さんのツールを使って確認してみる|д゚)

f:id:Kumako_investment:20170225171154p:plain

月1万円×12ヶ月×30年間=投資額360万円に対して、一番可能性が高いのが459.6万円(年率0.8%)。奇跡が起きれば最大で1,920.4万円(確率10%)、最悪の場合は元本割れで306.9万円。やっぱり株100%の資産配分だとかなり振れ幅が大きい(;'∀')

ここはもう少し株の割合を下げれば改善できるところ。

具体的には、

☆投資に回す金額(余剰資金から生活防衛資金を除いた金額)

①株(世界市場ポートフォリオで投資)②低リスク資産(預金 and/or 個人向け国債 and/or 日本債券インデックスファンド and/or MRF

となる予定だけど、最初は①を少しずつ増やしていくから②の割合が大目になる予定。

その話はまた次回以降に。

投資信託を買う前に決めたこと

資産配分 投資についての考え方

f:id:Kumako_investment:20170222153635p:plain

インデックス投資、最初の一歩...

まさかの時にも後悔しないために方針を決める

前回の記事では初心者におススメの投資信託として具体的な投資信託をあげたけど、長い期間で運用することを前提とすると、その前に最初にざっくりでもいいから決めておいた方がいいことがあるらしい。

具体的にはこの2つ。

  1. 投資に回す金額はいくらにするか?(生活防衛資金等、無リスク資産額の決定)
  2. どの資産クラスに投資するか?(期待リターン、許容できる損失金額の把握)

この2つを決めずに投資信託なんとなく買ってしまうとリーマンショック級の株価の暴落があった時に怖くなってしまってなんとなく売ってしまって、せっかく手間かけて投資したのにお金減っただけという結末に。

逆にこの2つを最初に決めておけば、ちょっとやそっとの相場下落があっても落ち着いていれるし、むしろお安く買えてラッキー!みたいに強気に思えた人も結構いたみたい。

ここを決めればあとは毎月自動積み立てでほったらかしで投資して年1回くらい見直す程度の作業みたいだから、これが決まればほぼゴールに近づいたようなものでは?!

※ちなみにこちらの水瀬さんの記事と本で勉強した内容だよー

randomwalker.blog19.fc2.com

 

 投資に回す金額はいくらにするか?(資産配分:キャピタルアロケーション

 余剰資金で運用するのが大前提だけど、具体的にいくら投資に回すべきか?

年齢、独身or既婚、育児中、介護中、、人により状況は色々だと思うけど、くまこの場合は水瀬さんの↑の考え方に共感したので生活費の2年分生活防衛資金として常に確保して、それを超える部分を投資に回す予定。

生活防衛資金の金額は色んな考え方があってググると色々出てくる。

あの山崎元さんは生活費の3か月程度で十分と言っていたり。

ここは個性が出ますな(*´з`)

どの資産クラスに投資するか?(資産配分:アセットアロケーション

株式でいくと日本株、先進国株、新興国株。債券でいくと日本債券、先進国債券、新興国債券。

ここも個性が出てくるけど、将来のリターンなんてどうなるかなんて素人には分からないから、低コストで世界に分散投資することが基本かなと思う。

くまこの場合は、株式は世界市場ポートフォリオ日本株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2)(世界各国の株式時価総額と同じ比率で投資するという考え方)(※)でいこうかと。

債券の取り扱いはまだ考え中なので次回以降にでも。。

※厳密にはこの比率は今の時価総額と少し違うけどこの比率が好きなのでこれでいきます。最新の比率はこちらから⇒世界各国のPER・PBR・時価総額(毎月更新) |ETF・インデックスファンドなら!『わたしのインデックス』

参考にした情報

noload.558110.info

guide.fund-no-umi.com

  • 過去20年のリスクとリターン実績はこんな感じ。

直近のデータを見ると日本株に投資する気がなくなるかも。。

先進国株の中でもアメリカの指数(S&P500とかダウ)を見るとさらに魅力的だから、アメリカだけでいいかも?という衝動にかられたこともあったけど、初心者なのでまずは基本に忠実に、分散投資の効果を信じる形でいこうかと。

アメリカ集中投資は情報が少なくて調べるのに手間がかかりそうなのも一因。

相関係数を見ると、日本債券の分散効果はちゃんとあったみたいでホッとした(*´ω`)

f:id:Kumako_investment:20170222164735p:plain

f:id:Kumako_investment:20170222170806p:plain※Source:『myINDEX 資産配分ツール』

※2/23 追記

ポートフォリオアセットアロケーションに修正(用語誤り)

アセットアロケーションのサンプル集をイーノ・ジュンイチさんのブログ記事から追加

バランスファンドの可能性についてもう少し考える

投資信託

f:id:Kumako_investment:20170222120145p:plain

バランスファンドは初心者以外にもおすすめ

昨夜、バランスファンドがインデックス投資初心者によく勧められてることを記事に書いてみたら、ツイッターにて投資の先輩方からバランスファンドに対して肯定的な意見を頂き、ちょっと驚きました(この情弱ブログを見て頂けたという驚きも含むw)。

というのは、バランスファンドといえば、あの投資業界の重鎮の山崎さんの刺激的な記事のイメージがあったからです(;'∀') ※2015年8月の記事

diamond.jp

↑の内容は、結局自分で投資信託を選べる人なら、もっと低コストで自分にあったポートフォリオを作れるからということの様なんだけど、投資に慣れた人にとっては邪道扱いされているのかなと勝手に思ってた。

バランスファンドに肯定的なブロガーさんの事例

ちょっと調べてみると、投資経験の長い有名ブロガーさんの中にもバランスファンドを肯定的にとらえている方も結構いる模様。

rennyさん:10年近く【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド】を毎月積立されていた模様。(資産規模が増えてきたので今年からはアクティブファンドに変更されたみたいです)

虫とり小僧さんeMAXISバランス(8資産均等型)を中心に積立されている模様。その理由について書かれている記事の中で印象的だった文章↓

バランスファンドのほったらかし投資家に負ける

決定的だったのは、バランスファンドの自動積立をしてほったらかしている複数の同僚(私が投資行為を啓蒙)が、最低コストの個別ファンド(国内外ETFを含む)を組み合わせてゴチャゴチャやっている自分よりもはるかに高パフォーマンスだったことです……インデックス投資に時間をかけることのアホらしさを痛感できました※1。

もちろん、投資を始めた時期や、どの時点でのパフォーマンスを見るかによって色々な結果が出るので、一概には言えない問題ですが、あれは自分に体感的な気づきを与えてくる良い機会でした(頭では分かっていても、腹に落ちてこないことって、けっこうありますよね)。

そもそもインデックス投資をされている方は、前提として投資に時間も手間もかけたくないという方が多いから、低コストよりも手間がかからない投資スタイルを優先すればバランスファンドに投資するのもありえる話だよね。

年取って脳が衰えてきたらファンドは1本に絞った方が管理しやすいし、確定申告や相続も楽だというご意見も。

その他おススメされたバランスファンド

その他、ツイッターで頂いたコメントの中で、おススメされたのが世界経済インデックスファンド 。昨日の投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016でも8位としておススメされていました('ω')ノ

株式:債券比率は50:50。世界各国のGDP国内総生産)比率を参考に日本、先進国、新興国の株式、債券の計6資産に分散投資。SMTインデックスシリーズ と同じマザーファンドに投資するファンドで、2012年4月に信託報酬が年0.60%から年0.50%に引き下げられた、6種類の各資産クラス毎のインデックスファンドをバラで購入するよりも信託報酬が低い、良心的なバランスファンド。

世界経済インデックスファンドの特徴や基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.50%(税抜)
信託財産留保額:0.1%
決算:年1回(1月20日)。 2013年から2015年の3年連続で分配金20円を出していますが、その後2017年まで分配金はゼロに抑えています。

 元記事:世界経済インデックスファンドの評判・評価|ノーロード投資信託ガイド

 どのバランスファンドがいいのか?

それぞれ違いはあれど、リターンはどうせ読めないので個人的にはコスト(信託報酬等)で決めてしまえばいいと思うんだけど(※)、詳しく違いが書かれた記事があったのでご参考まで。なんと16ファンドもまとめられています( ..)φ ありがたいー。

※株比率が高いとハイリスクなのでご注意。国内債券が多いほどローリスク( •̀ᴗ•́ )/

shintaro-money.com※2017/2/3更新記事

ちなみに昨日の記事ではiFreeがいいかなと書いたけれど、まだ純資産も16億円の様で、山崎元さんの純資産100億円以上のファンドを選んだ方がいいという考えによると、やっぱりまだ新しいファンドは様子見した方がいいのかなーと思った次第。

 

(追記)

①バランスファンドを活用されているブロガーさんの事例追加

kenzさん:NISAの活用法としてバランスファンドへ投資されてる模様。NISAは非課税期間が5年間と決まっているから、期間終了時にリターンがプラスであって欲しいところ。そういった意味で、期待リターンは低くてもマイナスになる確率が低いバランスファンドをNISA枠に使うのはなるほど合理的な選択肢だなぁφ(`д´)メモメモ...

longinv.blog103.fc2.com

②くまこの場合

リターンは結局バランスファンドでやっても変わらないのかもしれないのだけど、やっぱりせっかく勉強したのだから自分なりの資産配分で(今のところ時価総額比率で、先進国株多めの予定)まずはトライしてみたいので、バランスファンドの利用は見送り(=゚ω゚)ノ

親にはセゾンかiFree(もう少し純資産増えてから)を勧めようとは思ってる(*´з`)